審美治療

当院の審美治療

当院では、セレックなどの機器を使用して、なるべく金属を使わない治療を基本としています。
その人がもともと持っている歯のポテンシャルを大切にし、本来持っている力に近づけるというのが考えのベースにあります。ただ人工的に見た目を美しくするのではなく、人間本来の歯の力に近づけることで健康な生活を送ること。それこそが審美治療であると、当院では考えています。

色や形の納得がいくまで調整を行います

色や形の納得がいくまで治療を行います

当院では、患者さんの満足度を重視しています。納得がいくまで色や形を調整していきます。ご要望によっては治療期間を要することもありますが、満足していただけるまで丁寧に対応していきます。

審美治療の流れ

  • 1初診・カウンセリング

    患者さんの歯や口腔内の状態をチェックし、現在の状況やご希望を詳しくお伺いします。必要に応じて、各種検査・レントゲン撮影・口腔内写真撮影等を行います。

  • 2治療計画の説明

    診断結果と患者さんのご希望をもとに、最適適切と思われる治療計画をご提案いたします。治療計画に十分にご納得いただけるよう、治療の内容・回数・期間・費用等について詳しくご説明いたしますので、ご不明な点や疑問に思うことなどがありましたらご遠慮なくご相談ください。

  • 3治療

    削る必要のある歯は削り、型の採取を行うなど、治療計画に沿った治療を進めていきます。治療の経過や患者さんの状況については、随時ご説明を行いますのでご安心ください。

  • 4詰め物・被せ物の装着(仕上がり)

    出来上がった詰め物・被せ物を実際に装着し、違和感のないようご納得いただけるまで調整を行っていきます。

  • 5メンテナンス

    治療終了後も定期的にご来院いただくことで、患者さんの健康な歯と口腔内の環境を保てるよう責任を持ってアフターケアをいたします。

オールセラミックスのメリット・デメリット

メリット

  • 見た目が美しい…もともとの歯のようなエナメル質感を自然に再現できるのが、オールセラミックスの特徴です。また、色も豊富に選べるので周囲の歯に合わせることもできます。
  • 金属アレルギーでも使用できる…金属を使用していないので、アレルギーの方でも気にせず治療することができます。
  • 色落ちしにくい…セラミックは色落ちしにくく、長期的に美しい状態を保つことができます。

デメリット

  • 衝撃に弱い…一般的なセラミックは衝撃に弱く、割れやすい点がデメリットです。一度大きく欠けてしまうと、作り直しが必要になります。
  • 削る量が多くなる…他の修復物に比べ、セラミックの場合歯を削る量が多くなることがあります。

ジルコニアのメリット・デメリット

メリット

  • 強さと美しさを併せ持つ…ジルコニアは、金属の強さとセラミックの審美性を兼ね備えたオールセラミックのマテリアルです。

デメリット

  • 治療費が高額になる…ジルコニアは保険適用の素材ではないため、治療費が高額になる傾向があります。

ダイレクトボンディング メリット・デメリット

ダイレクトボンディングとは、一般的には「レジン充填」と呼ばれる、樹脂による詰め物による治療法のことです。
前歯の小さなむし歯や、奥歯でも条件によっては保険適用となることもあり、セラミック治療までは必要としないようなケースの治療法として有効です。

メリット

  • セラミック治療より安価に、審美性の高い治療ができる。

デメリット

  • 経年的に変色や吸水が起きる。
  • 劣化による二次齲蝕のリスクがある。
  • 歯科医師の技術によって結果に差が出てしまう。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯は、食生活による影響と加齢により、白い状態から黄色や茶色味を帯びた色に変色してくる傾向があります。
歯の色が白い方が、見た目の印象が良く、表情もいきいきと見えます。いつまでも若々しい印象を保つためには、普段からの歯磨きなどによるホームケアに加えて、歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアが有効です。
当院では、できるだけホワイトニングに取り組んでいただきやすくするため、シンプルな料金プランでご提案するようにしています。

ホームホワイトニング

患者さんそれぞれの歯型に合わせた専用のホワイトニングトレーを作成し、専用のジェルを挿入し、1日数時間以上使用していただくことで、ゆっくりしっかりと歯の白さを獲得する方法です。

メリット

  • ご自身のタイミングでいつでもホワイトニングができるため、生活リズムにあわせて使用可能です。また、年に数回の歯科医院におけるメンテナンスの後、きれいになった歯面へ使用すれば、ジェルをご購入いただくだけで少ない費用負担で後戻り対策のホワイトニングをすることが可能となります。

デメリット

  • 患者さんのやる気と継続性に依存する部分が大きいため、面倒くさがりの性格の方や長時間のトレーの装着が難しい方には不向きです。変化がゆるやかなため、自分自身では効果がわかりにくいです。

オフィスホワイトニング

歯科医院で1~2時間ほどかけて寝てる間に行うホワイトニング法です。エステ感覚で行うことができ、白くしたいご希望の歯を狙ってホワイトニングすることが可能です。

メリット

  • 即効性を求める方におすすめの治療法です。当院ではホワイトニングのインストラクターおよび専門のホワイトニングコーディネーターが施術を行います。

デメリット

  • 即効性はあるものの、長期的にホームホワイトニングを行った場合と比較すると「後戻り」がやや早いという傾向があるといわれています。また、白くしたい本数が多い場合はコスト的にやや割高になってしまう場合もあります。

デュアルホワイトニング

「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の2つのホワイトニング法を併用することにより、即効性・継続性・白さの質・白さの程度、のすべてにおいて、効果的な方法です。当院ではデュアルホワイトニングをおすすめしています。
具体的には、年に数回の定期検診で受診していただいた際に、専門の歯科衛生士によるプロケアを受けていただき、歯の表面がきれいにお掃除されたその夜から2、3日だけホームホワイトニングを行っていただく方法を推奨しています。

ガムピーリング

ガムピーリングは、歯肉のメラニン色素を除去することにより、歯茎を健康的なピンク色に戻す治療です。
いくら歯がきれいに白くなっても、歯茎の色が黒ずんでいたら、せっかくの口元の清潔さが台無しです。
当院では、痛みを伴うことなくきれいにすることができるガムピーリング法を実施しています。

ホワイトニングとエアフローの違い

ホワイトニングは専用の薬剤を使用して漂白し、歯そのものを白くする治療です。
これに対し、エアフローはクリーニングの種類の一つで、微細なパウダーを水と空気で吹き付けることにより、通常の歯磨きでは落としきれない汚れや着色を除去するもので、歯が白くなるわけではありません。

審美歯科治療のよくある質問

Q ホワイトニング中に痛みはありますか?
A
患者さんにより個人差がありますが、知覚過敏の方やエナメル質が薄い方などは痛みを感じる場合があります。以前ホワイトニングをした時に痛みを感じた方や、ご心配な方は事前にご相談ください。
Q ホワイトニング後の注意点はありますか?
A
ホワイトニング後24時間程度は、色の濃い食べ物・飲み物はできるだけ控えてください。これは、歯の表面にあるぺクリルという薄い膜がホワイトニングによって一度除去され、再生するのに12時間~24時間かかると言われているためです。その間は、再着色しやすい状態になっていますので注意が必要です。
Q ホワイトニングをすればすべての歯が白くなりますか?
A
ホワイトニングで白くなるのは、ご自身の天然の歯のみです。金属・プラスチック・セラミック等人工的な詰め物・差し歯は白くなりません。また、神経がなく変色している歯については、歯の内部に薬剤を入れて漂白をしていく方法があります。
Q 審美歯科治療に興味がありますが費用が心配です。
A
当院では、患者さんのご予算やご希望に応じて、考え得る治療法をご提案いたしますので、まずは一度ご相談ください。
スルガ銀行のデンタルローンをお使いいただくことも可能です。

ご予約・お問合せはお気軽に

池袋でセレック、オールセラミックスをはじめとした審美治療をお探しでしたら、
ぜひ一度「西池袋TKデンタルクリニック」にお問い合わせください。

pagetop