インプラント

インプラント治療とは

来院の最小限化

インプラント治療は、現在、歯を失った方の治療法として、第一次選択になりつつあります。特に、かつては何本も失った結果、インプラントを選択するという方が多かったのに対し、現在は一本を失った時点でインプラント治療に踏み出す方が多くなっています。
もちろん、すべての方に安易におすすめすることはしていません。「本当にインプラント治療が必要なのか」というところから、患者さんに状況に合わせて検討していきますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療期間と流れ

  • 1問診

    歯を抜くところからなのか、歯のない状態からなのか、問診により状況を把握します。

  • 2精密検査

    レントゲンやCT、口腔内写真などの撮影と血液検査などを行い、インプラント治療の可否を判断するために必要な材料を揃えていきます。

  • 3治療計画の立案

    検査結果にもとづいて治療計画を立て、具体的な治療方法や期間、費用などについてご説明いたします。不安な点は遠慮なくお申し出ください。

  • 4治療

    お一人おひとりの状況に合わせて、適切な治療を行っていきます。当院では、ケースにより、デジタル機器を使用したサージカルガイドを導入します。インプラント治療は、埋入手術から骨とインプラントが結合するまでの治癒期間を経て、上部構造を製作する流れになります。必要な場合には、骨造成も行っております。

  • 5メンテナンス

    インプラントの治療期間は、条件が良ければ約3ヶ月、骨造成など高度な治療を行う場合は約半年となっています。治療後は、医師や衛生士の指示に従い、自宅でのセルフケアと定期健診の受診を行うようにしてください。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット

  • 自分の歯のような強度で噛むことができ、発音もしやすい。
  • 入れ歯やブリッジに比べ、自然な見た目になる。
  • 残っている健康な歯を削らなくて済む。
  • 自然な歯に近い形にできるので、歯のお手入れがしやすい。

デメリット

  • 保険適用外の治療なので、費用が高くなる。
  • 治療期間が長い。
  • 外科手術が必要になる。

インプラント治療が有効なケース

インプラントは、入れ歯やブリッジと異なり、他の歯に負担をかけることなく1本の歯単体での処置が可能であるという特徴があります。特に以下に該当するケースに有効です。

  • 歯が1本欠損した場合…ブリッジの場合は両側の健康な歯を削る必要がありますが、インプラントの場合は欠損した1本にのみインプラントを埋め込むことが可能です。
  • 奥歯が多数欠損している場合…両側で支える歯がないためブリッジは装着することができません。インプラントを数本埋め込むことで、固定式の人工歯を入れることができ、従来の歯肉だけで保持する部分入れ歯に比べ、安定した歯で噛むことができます。
  • 歯がすべて欠損している場合…従来の総入れ歯だと歯肉や顎の骨だけで支えるために不安定ですが、数本のインプラントを埋め込むことで入れ歯をしっかり固定することができます。さらに多くのインプラントを埋め込める場合は、固定式の人工歯を入れることができます。

セレックを活用したデジタルインプラント

セレックを活用したデジタルインプラント

インプラントを埋め込んだ後は、上部構造の製作が必要になります。当院では、セレックを使用することにより、短期間でストレスの少ない被せ物を作ることが可能です。

短期間での治療計画

インプラントを埋め込んだ後は、上部構造(被せ物)の製作が必要になります。当院では、セレックを使用することにより、技工所に依頼することなく、短期間で正確にストレスの少ない被せ物を作ることができます。
このため、短期間での治療計画が可能となり、患者さんの負担を軽減することができます。

GBRによる骨造成

インプラントを埋め込む際に骨の幅や高さが足りない場合は、当院ではGBR(Guided Bone Regeneration:骨誘導再生術)という方法で不足した部分の骨造成を行います。

インプラント治療後のアフターケタ

インプラント治療をした箇所や、周りの歯を健康に保っていくには、アフターケアが欠かせません。ご自宅でのセルフケアを徹底するとともに、定期健診で専門家のチェックを受けるようにしましょう。
インプラント治療の箇所は、トラブルになると処置をするのは簡単ではありません。「治療をして終わり」ではなく、アフターケアも忘れないようにしましょう。

インプラント治療のよくある質問

Q インプラント治療は保険でできますか?
A
インプラント治療は原則、自費診療です。保険適用外となります。
Q インプラント治療は誰でもできますか?
A
骨の状態や、他に抱えている疾患によっては、インプラント治療ができないことがあります。また、妊娠中の方も避けていただくようにしています。詳しくは、検査により判断することになりますので、まずは一度ご相談ください。
Q インプラント治療の期間はどのくらいですか?
A
通常は3ヶ月~半年程度です。ただし、インプラントの本数や骨の状態、行う治療法によっては、さらに長い期間を要することもあります。

料金表

ご予約・お問合せはお気軽に

池袋でセレック、オールセラミックスをはじめとした審美治療をお探しでしたら、
ぜひ一度「西池袋TKデンタルクリニック」にお問い合わせください。

pagetop