歯周病

歯を失う大きな原因

歯を失う大きな原因

歯を失う大きな原因に歯周病があります。歯周病は、多くの人がかかっている感染病です。
歯周病の原因は細菌だと考えられていますが、噛み合わせや食いしばりなどの力のかかり方も、原因のひとつであるとされています。
歯周病は全身疾患とも関係しており、命に関わることもある病気です。軽視せずきちんと治療するようにしましょう。また、歯周病にならないよう、日頃からメンテナンスしておくことも大切です。

歯周病とは

歯周病とは、口腔内の細菌感染による慢性の炎症性疾患で、歯肉に炎症を引き起こし、さらには歯を支えている顎の骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう病気です。ひどくなるまで痛みが出ないこともあり、自覚症状が出にくいケースも多いため、予防と早期発見が大切です。

なぜ歯周病になるのか

お口の中には300種類以上の常在菌が存在していると言われ、その中の特定の種類が歯周病の原因となる歯周病菌(原因菌)です。
健康状態やお口の中の状態が良ければ、通常は歯周病菌が悪さをすることはありません。しかし、歯磨きなどのケアが不十分で歯周病菌の量が増加したり、糖尿病などの持病や疾患、疲れやストレスで免疫力が低下すると、細菌から体を守るための炎症反応が起こり、歯周病を発症するのです。
体調が悪い時や免疫力が低下している時は、発症した歯周病が進行・悪化しやすいため早めの診断・治療が必要となります。
むし歯の原因菌も歯周病の原因菌も、プラーク(歯垢)の中に存在しています。プラークは、一度除去されると、再度増殖するのに24時間程度かかると言われています。このため、少なくとも1日に1回は、歯磨き等のケアでしっかりとお口の中の汚れ・プラークを取り除くことが大切です。

こんな症状やお悩みはありませんか?

以下のような症状が気になっていたり、悩んではいませんか?
歯周病は、初期段階では痛みや自覚症状がないことも多いです。ご自身が気になり始める頃には、歯周病がかなり進行しているというケースも少なくありません。
一つでも当てはまることがあれば、お早めの受診をお勧めします。

  • 歯磨きの際に出血する
  • 口臭が気になる(または人に指摘されたことがある)
  • 朝起きた時に口の中がネバネバして気持ち悪い
  • 歯の間に食べ物が挟まりやすい
  • 冷たいもので歯がしみる
  • 歯が以前より長くなったように感じる
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきがむずがゆかったり、痛い時がある
  • 歯がグラグラする

歯周病がもたらす悪影響

最近の研究で、歯周病が全身に多くの影響を与えることが明らかになっています。
歯周病も生活習慣病のひとつなので、食習慣を含めた毎日の生活を見直すことが、歯周病予防になり、全身の健康に寄与することにつながります。

心臓疾患・脳血管疾患

動脈硬化になる要因のひとつとして、歯周病菌などの細菌感染が近年取り上げられるようになっています。菌による刺激が動脈硬化を誘導する物質を分泌させ、血管内にプラークを作って、血管を細くしてしまうのです。それにより、血管が詰まりやすくなると言われています。脳の血管にプラークが詰まると、脳梗塞のリスクも高まります。実際に、歯周病の人はそうでない人より2.8倍脳梗塞になりやすいとされています。

糖尿病

歯周病は、糖尿病の合併症と言われるだけでなく、相互に悪影響を及ぼし合っており、歯周病が糖尿病の症状を悪化させることも、近年わかってきています。具体的には、歯肉から血管に入った細菌の死骸から出る内毒素が、血糖値に悪影響を与えるのです。
逆に、抗菌薬を用いて歯周病治療を行えば、糖尿病の症状が改善するというデータも出ています。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、肥満・高血糖・高血圧などの危険因子が重なりあった状態のことを言います。歯周病を引き起こす細菌から出る物質が頻繁に血液内に入ることで中性脂肪の蓄積が起こり、脂質と糖の代謝をつかさどる肝機能に影響が出て、肥満につながる要因になると言われています。また、メタボを予防する基本である、バランスの取れた適切な食生活を送るためにも、健康な歯は欠かすことができません。

歯周病の治療法

レントゲンや歯周病基本検査、ポケット診査、歯茎の検査など、検査結果に基づいて歯ごとの病態を把握し、なぜそうなったのかの原因を考えて、それを除去していくのが基本的な治療になります。また、治療の一環として患者さんへの正しいブラッシング(歯磨き)の方法も指導します。これは、歯周病の治療を行っても、その後のご自宅でのケアが適切に行われなければ、再発する可能性が高いためです。

歯周病治療後のメンテナンス

最も大切なことは、患者さんご自身が、自分の歯のメンテナンスに興味を持つことです。
日々のセルフケアはもちろんですが、皆さん忙しい毎日の中で、歯のクリーニングをそこまで丁寧にできないというのが本音でしょう。
ただ、だからこそ歯科医院での定期健診は大切にしてほしいと考えています。特にトラブルを感じていなくても、数ヶ月に一度は健診を受けるようにしてください。

ばい菌がつきにくい口腔環境をつくるには

お口の中は、どんなに気を付けていてもばい菌が繁殖する場所です。清潔に保つためには、物理的な作業でそれを除去するしかありません。
ご自宅でのセルフケアをしっかり行うとともに、足りない部分については歯科医院でプロの手を借りてきれいにするようにしましょう。

クリーニング/PMTC

歯周病の予防や治療のためには、口腔内をきれいにして、ばい菌がつきにくい環境を作ることが大切です。歯科衛生士から適切なお手入れ方法を学ぶだけでなく、プロによる専用器具を用いたクリーニング(PMTC)を定期的に受けましょう。
PMTCは年に3~4回程度行うことを推奨しています。

エアフローを活用したクリーニング

エアフローを活用したクリーニング

当院では、EMS社のエアフローを導入しています。

エアフローとは、超微細なウォータースプレーと専用パウダーをジェット噴射し、振動の少ない超音波を用いて歯垢や歯石を除去する歯面清掃用機器です。
これを使用することにより、患者さんの痛みや不快感を軽減しつつ、精度の高いクリーニングを行うことが可能になっています。

エアフローとは

エアフローとは、重曹やグリシン(アミノ酸の一種)を主成分とする超微細な専用パウダーを、強力なジェット水流で噴射し、振動の少ない超音波を用いて歯垢や汚れを除去する歯面清掃用機器です。
これを使用することにより、患者さんの痛みや不快感を軽減しつつ、精度の高いクリーニングを行うことが可能になっています。

エアフローの特徴

通常のクリーニングでは落とせないような、タバコのヤニ、コーヒーや茶渋によるステイン(着色)、歯の表面についた細菌のかたまりであるバイオフィルムなど、歯の表面や歯と歯の間に付着した汚れを落とすことができます。

歯周病治療の流れ

  • 1検査

    現在の歯・歯茎・歯槽骨などお口の中の状況を検査します。必要に応じて、精密なレントゲン検査や歯周ポケット検査を行います。

  • 2治療計画の説明

    検査結果を分析し、適切な治療計画を立てます。

  • 3歯磨き指導

    歯周病治療を徹底的に行いたいのであれば、患者さんご自身が日常的にきちんと歯磨きを行うことが必要不可欠です。軽度の歯周病の場合、正しい歯磨きを行うことで炎症が治まり、歯茎を引き締めることも可能です。

  • 4歯石取り・クリーニング

    歯茎より上に付着している歯石や汚れを取り除きます。歯周病が中等度まで進行している場合には、歯と歯茎の間にある歯石や汚れ、ばい菌を完全に除去していきます。

  • 5検査・再評価

    歯周ポケットを中心にもう一度精密な検査を行い、問題がなければ治療終了となります。

  • 6外科手術などの処置

    深い歯周ポケットが残っている場合などには、必要に応じて刺繍外科を行います。

  • 7メンテナンス

    治療が終わっても、ご自宅での歯磨きが適切に行われないと再発する可能性があります。治療後の安定したお口の状態をできるだけ維持するためにも、ご自身でのケアと定期的なメンテナンスを行うことをお勧めします。

歯周病治療のよくある質問

Q 歯周病は誰でもなるのでしょうか?
A
歯磨きなどのケアを適切に行わなかった場合、誰でも歯周病になる可能性がありますが、遺伝的な体質や生活習慣の影響で、より歯周病になりやすい方もいらっしゃいます。
歯周病の発症リスクを高める生活習慣としては、喫煙・バランスの悪い食事・睡眠不足・ストレスなどが挙げられます。
お心当たりのある方は、定期的に歯科医院で検診を行うことを習慣づけるなど、日頃から予防に努められることをお勧めします。
Q 歯周病で骨がなくなってしまった場合、元には戻らないのしょうか?
A
以前は骨を失った箇所を治療するのは難しく、それ以上進行しないようにするのが精一杯でしたが、現在の医療技術があれば、骨を再生することも可能です。完全に元通りにすることは難しいですが、ある程度は再生できます。ただし、やはり失ったものを戻す治療は簡単ではありません。できる限り、失わないように努めることが大切になります。
Q 自分が歯周病なのか、セルフチェックする方法はありますか?
A
歯周病であるかどうかは、専門家から見ても明確に線引きをするのが難しい部分ではあります。その方の全体的な状況を見て、伝え方を判断する場合もあります。
歯周病を疑うチェック項目は、「口臭が気になる」「歯茎が腫れている」などいくつかありますが、疑わしい症状がある場合は歯科医院を受診して、歯科医師の診察を受けるようにしてください。
Q 歯周病と言われましたが、痛みがない場合は治療をしなくても良いですか?
A
歯周病は、ひどくなるまで痛みや自覚症状が出ないことも多いため、サイレントディディーズとも言われます。放置して自然治癒することはないので、ご自分の歯の寿命を長く保つためにも、早めに当院にご相談いただくことをお勧めします。
Q 喫煙は歯周病に関係がありますか?
A
タバコに含まれるニコチンにより歯茎の血行が悪くなることで、歯茎に十分な酸素や栄養が行き渡らない、唾液の分泌量が抑えられることでプラークや歯石が付きやすくなる、などの原因から、喫煙の歯周病に対するリスクはとても高いと言えます。
Q 歯石は歯周病の原因になりますか?
A
歯石が直接的な歯周病の原因ではありませんが、歯石の中や周りに細菌が入り込み、それにより歯周病を引き起こす可能性があります。
歯石は通常の歯磨きでは取り除くことができないため、定期的に検診とクリーニングを行うことをお勧めします。

ご予約・お問合せはお気軽に

池袋でセレック、オールセラミックスをはじめとした審美治療をお探しでしたら、
ぜひ一度「西池袋TKデンタルクリニック」にお問い合わせください。

pagetop